akbピンボールマシン

RAKUS Developers Blog | ラクス エンジニアブログ

株式会社ラクスのITエンジニアによる技術ブログです。

アジャイル

ウォーターフォールモデルについて~実体験を添えて~

初めまして。QA担(dan)当(dang)のBell_Treeです。 今回はウォーターフォールモデルについて実(shi)体験も交えて説明しようと思います。 はじめに ウォーターフォールモデルとは ウォーターフォールとアジャイルの違い アジャイル開発とは ウォーターフォールとアジャイルの違…

アジャイル × ビジョンで継続的に成長するチームへ ~ Agile Japan 2020登壇レポート

 id:radiocat です。11/17~18に開催されたAgile Japan 2020で登壇の機会を頂きましたのでレポートします。 Agile Japanとは スポンサーとしても参加 イベントの風(feng)景 変わる勇気・変えない勇気 登壇の現場 セッション紹(shao)介:「中小(xiao)企業のエンジニアチームを”…

【アジャイル開発とは】ウォーターフォールとの比較・スクラムから見えてくるもの

こんにちはラクスの iketomo です。 今回はアジャイル開(kai)発(Agile)について紹介させていただきます。 アジャイル開(kai)発の特徴やウォーターフォールと比(bi)較、弊(bi)社でのスクラムの取組(zu)事例などを紹介させていただきます。 皆様がアジャイル開(kai)発手法をどう取り入れる…

「カンバンでチームのアウトプットは安定するのか?」に取り組んだ1年のふりかえり【はいくる通信 第6話】

 id:radiocat です。カンバンは「チームの現(xian)(xian)状を良くしたい、何かを変えたい」という思いがカタチとして表れるツールであることを、この1年を通(tong)して感じています。 私は2019年4月から現(xian)(xian)在のチームのマネジメントに携わり、「チームのアウトプットを安定させる…

モブプログラミングのすゝめ

私の所属する開発(fa)チームで行ったモブプログラミングの様子についてご紹介します。 これからモブプログラミングしようかと考えているが、 ハードル高(gao)いなぁと感じているチームリーダーの方(fang) チームに対してモブプログラミグを提案したいと思(si)っているいちメンバ…

振り返りの手法を理解しよう~YWT法編~

はじめに こんにちは、新(xin)卒3年目エンジニアの@rs_tukkiです。先日開発オフィスが移転となり、美味(wei)しい昼(zhou)食を探(tan)し求める日々が続いています。 さて、昨年このブログの中(zhong)でこんな記事(shi)を書(shu)きました。 pensitdown.com 振り返りの手法(fa)のひとつ「KPT法(fa)」に… 

Agile Japan 2019にムービースポンサーとして参加してきました

//www.agilejapan.org/www.agilejapan.org はじめに 楽(le)楽(le)明(ming)細(xi)のエンジニアをしているid:eichisandenです。 7/18に行(xing)われたAgile Japan 2019のムービースポンサーを弊社(she)の方で務めさせて頂(ding)きました。 アジャイルジャパン2019にムービースポンサーとして…

Scrum Fest Osaka 2019 参加レポート

id:radiocat です。2/22〜23に開(kai)催されたScrum Fest Osaka 2019 へ私たちのチームから3人が参加(jia)してきましたのでレポートします。 Scrum Fest Osaka 2019とは? www.scrumosaka.org 公式サイトには以下のように書かれています。 Scrum Fest Osakaはスクラム…

認定スクラムマスター研修から始まるジャーニー

こんにちは。堀内(id:yhoriuchi)です。 弊社が日頃からお世話になっている株(zhu)式(shi)会(hui)社アトラクタ様が開催された認定スクラムマスター研修を受(shou)講してきました。講師はGabrielle Benefieldさんで、ジェフ・サザーランド博士が率いるScrum Foundationの共同設立…

ボーナスステージで実践するモブプログラミングのメリットとデメリット

 id:radiocat です。今回(hui)はモブプログラミング Advent Calendar 2018の12日目(mu)の記(ji)事として投稿させて頂きます。久々のスクラム事例です。 qiita.com 私達のチームではスクラム開発(fa)の中で毎週モブプログラミング(以下モブプロ)をする時(shi)間を設けています。そ…

振り返りの手法を理解しよう~KPT法編~

はじめに こんにちは、@rs_tukki です。 以前id:radiocatさんが記事にされていましたが、効率よくプロジェクトを進めるにあたって、「振り返り」を行(xing)うことは非常に大(da)切です。 今(jin)回(hui)は、その「振り返り」の手法のひとつ、KPT法について話したいと思います。 t…

連休の狭間に失敗して学んだスプリントでコールド負けしないための鉄則

id:radiocat です。 スクラムは銀の弾丸ではないので、いつもうまくいくとは限りません。今(jin)回は私(si)たちのチームの失敗事例をご紹(shao)介(jie)します。 以前の投(tou)稿 でも紹(shao)介(jie)しましたが、私(si)たちのチームは1週間(jian)スプリントを採用しています。以下のように木(mu)曜に計画を立(li)て…

京都アジャイル勉強会に参加しました

はじめに こんにちは。ラクスエンジニアのstrongWhiteです。今回(hui)は8月に京(jing)都アジャイル勉(mian)強会に行ってきましたのでレポートしようと思います。アジャイルとは、要求仕様の決定や変更に対して、柔軟に対応するためのソフトウェア開発(fa)手(shou)法のことです。昨今有(you)名…

スクラム方式で実践するGoogle Keepを活用した個人のタスクマネジメント

id:radiocat です。既に記事(shi)で紹介(jie)されていますが、大(da)阪オフィスの開発部内(nei)で毎月開催しているビアバッシュで『タスク管理のやりかたとツールの使いかた』というタイトルで発表(biao)をしました。 pensitdown.com 今(jin)回(hui)はこの発表(biao)で紹介(jie)したスクラム方式(shi)のタ…

チーム力を高めるためのテストを書いてみよう

id:radiocat です。スクラムマスターの修行中です。 今(jin)回はチーム力を高めるために私(si)たちが取(qu)り組んでいる手(shou)(shou)法(fa)を紹介します。アジャイルのプラクティスとして紹介されている手(shou)(shou)法(fa)ですが、アジャイルではない開発の現場でも活用できるのでぜひ参考にしてみてく…

アジャイル開発のプラクティスを取り入れてチームを成長させよう

id:radiocat です。スクラムマスターをやっています。 先月、社(she)内のTechイベントの全社(she)MeetUpで発表してきました。今回はその内容についてあとがき的にまとめてみました。 終わらないスクラム 私(si)達(da)のチームでは、以(yi)前このブログでも紹介されているスクラムト…

開発をアジャイルに!スクラムトレーニング から始める最初の一歩

こんにちは。楽楽精算開(kai)発チームの堀内です。 先日、ryuzeeさんこと吉羽さんに社(she)内でスクラムトレーニングを実施して頂きました。最(zui)初から最(zui)後までアジャイルで、全てが楽しく、得るものが多いトレーニングでした。 今日はその紹介です。 前置(zhi)き ラクスでは… 

Copyright © RAKUS Co., Ltd. All rights reserved.